為替fxトレードのリアル!…弱者の生き残り方…

アキヒロ生き残りをかけたFXスキャルピング

DMMFXからIDとパスワードが書かれた手紙が届く…

DMMFXの申し込みをして約1週間ほどで手紙が届き、早速ログイン。

マイページが現れた。

 

このページに全てが集約されている。

第一印象はあれ「マイページ」になったのかな?と思うほど変わりがない。

トップページの上部と左サイドがそのまま表示されているからだろう。

しかも取引ツール全面に表示されていることで宣伝ぽく見えてしまう。

 

よい点とすれば、パソコン上にダウンロードする手間の必要がないことWEB上でツールを起動させ別窓が開くという仕組みだ。

パソコン上のツールは2種類「DMMFX PLSU」「DMMFX ADVANCE」である。

ADVANCEはその場所固定型で少々使いにくい。PLSUの方がチャート画面を大きくしたりタイプの選択ができたりと使い勝手がいい。

上記に資産額、損益額が表示されポジションを持った状態でリアルタイムに総損益額がわかるようになっている。これSBI証券だと更新ボタンを押さないとダメで半年間それが当り前だと思っていただけにこのありがたみが身にしみる。

 

注意したいのがメールである。

2日ほど取引して気がついたのだが確約通知でメールがいっぱいになっていた、大事な用件が埋もれてしまうのでこれは何とかしないとならないと思ったのだが、それを変更する場所が分かりにくい。

f:id:nnbnn:20161231111057p:plain

上の状態を見れば分かるけど、お客様情報をクリックしてもメールアドレス変更を見ても設定する場所がないのだ。散々迷った末にふと上を見ると「お客様情報紹介ツール起動」があるこれを起動するも単素なページが出てくるだけなのであるが、このページの上記の部分「設定」→「メール通知設定」をクリックしないとならない。

始めて利用する者にとっては探すという作業がすごくめんどくさいのである。これをクリアーしないと必要のないメールがどかどか届いてしまい、大事なメールを見落とす可能性が出てくるのでどうしても変更したいと右往左往してしまった。

ここをわかりやすくすぐに見つけられるように業者は即座に改善すべきだと思った。

 

キャンペーン

DMMFXで注目すべきはキャンペーンだろう。

【新規口座開設+初回の入金10万円以上+新規お取引500Lot以上で『10,000円』をキャッシュバック!】DMM FX

 3ヶ月以内でこれを狙ってゆく。

 ヒロセ通商でもいろいろなキャンペーンが用意されているが臆病者なので1,000通貨で参加ほぼ達成せずにいる状態。DMMは1万通貨が基本なので10倍にステップアップだ。

FXで勝てない分をキャンペーンで補えたらしめしめで経験を積むうちに取引自体でプラスになるようにレベルを上げたいと思っている。

ただ、キャンペーン以上の痛手を受け再起不能の恐怖もあるので1Lotのみで頑張る。1日10回1Lot×50日=500Lotという計算だ。Lotを増やすのはトレードでプラスにできてからじゃないと怖すぎて無理。

 

ポイント

さて、1取引につき1ポイントが付き貯まるというシステムでそのポイントは1p=1円1,000ポイントから現金化。ただし有効期限がたったの1年しかない。1年で1,000回以上の取引をしなければならず、1ヶ月を22日として1年で264日1日4回以上の新規エントリーと決算をしないとならない計算になる。

個人的にはちょっと現金化できる自信がないのでほぼポイントは諦めている。

 

スプレッド

SBI証券、ヒロセ通商しか経験しかないが、DMMはこの中でも最も低い。「ドル円だけで見ればSBIが0.5銭。ヒロセが0.3銭。DMMが0.3銭。」「ポンド円がSBIが2.8銭。ヒロセが1.3銭。DMMが1.1銭」

これを1万通貨1回の取引に直すと「ドル円、SBI50円。ヒロセ30円。DMM30円」「ポンド円、SBI280円。ヒロセ130円。110円」となる。

それが実質的な手数料となるわけだ。それを1日10回もやると300円~1,100円ほどになるんだということは概算で頭の中に入れといた方がいい。ちなみに500Lotポンド円で取引したら55,000円の手数料が引かれる計算になる。もとより長期ならば利益から手数料の割合は低くなる計算にはなる。スキャは回数と手間の割に儲からない理由がそこにある。

 

なおキャンペーンで新規取引500Lot以上で『10,000円』を見たときふと思ったのが両建てなら軽くいけるんじゃないって思ったが55,000円のスプレッド(手数料)を見た途端にこの方法はダメだなと思った。結論からすればトレードでプラマイゼロにできるほどの技術や判断力を身につけなければキャンペーンに参加したところでそれ以上にマイナスになってしまうということだろう。

 

ツール

DMMユーザーがいま「買い」が多いのか「売り」が多いのかの割合を示す表が便利。人数の割合と総額とが切り替えられる。これは国内日本1であるDMMの独自なツールと言えそう、しかし欧州時間や米時間では当てにならないことは言うまでもない。いや日本時間でもどうだろうまだツールを見つけただけで精度までは定かではないが他にはないいいツールであるこれがリアルタイムで変わればなおいいなと思った。

 

 入金、出金

FXを始めるにはまずは入金しなければならない、クイック入金で即座に入金完了。すぐに反映するので不安がなかったが、出金の時は営業時間であっても銀行への入金は即座にされない銀行営業日の1日経たないと反映されなかった。何か間違いがなかったか心配になる。もし何らかの要因で即座にお金を引き出したい場合重要なことになる。また入出金のやり方を覚えなければ安心はできない。

 

 レバレッジ25倍変更不可

素人にとってはレバレッジは不安の要素であろう、自分の場合はそうだったSBI証券では1倍~25倍まで選べたので怖さのあまり1倍でやっていた。ヒロセで25倍設定でやってみるとレバレッジという仕組みがやっと理解できた。

レバレッジ25倍でもロスカット機能により全金額が消えることはまずないということ、ましてやマイナスになる心配はないのである。

イメージだとFXで失敗し借金を背負い電車に飛び込むなんていう事を聞いたことがあるが今の日本の仕組みならば、例えば100万円が50万円近くに減った時点でロストカットされ半分の現金は残るようになっている。レバを効かせて通貨の買う総額だけ見れば凄いことだがその買った通貨をレバの効いた状態で決済しちゃうことで負債にはならないのである。

なので用意した現金が借金でまかなっているとすれば話は別だが余剰金でやる分には借金を背負うということはまずあり得ないのである(海外の業者は別)

 

まとめ

DMMFXを開始して2日間しか経っていないが、昨日20回ほどスキャした感じでは問題はなかった、ヒロセやSBI証券での知識が役になっているのですんなり入ることができた。ツールも悪くないしスプレッドも低い。後はトレード力でマイナスをいかにプラスにできるかである。今ならキャンペーンで1万~2万のキャッシュバックがある。

トレードでプラマイゼロでもキャンペーンでプラスにできればいいという気持ちで臨みたい。