為替fxトレードのリアル!…弱者の生き残り方…

アキヒロ生き残りをかけたFXスキャルピング

お金を貯めるなら人間関係の断捨離をすべし!

お金が欲しい、将来の為に貯金をしたい!

それにはどうすればいいのか?

 

多くの人が実践しているのは、節約をする。衝動買いをしないなどでしょうか?

 

しかし、考えてみて下さい…

一番大きな出費は間違いなく交際費です。

 

可愛い彼女とデートがしたい、いい車に乗りたい、嫌われないようにカッコイイ服を着たい。

 

友達と遊びに行きたい、カラオケにボーリング、ゲーセンに行きたい。帰りにはファミレスへ行って腹いっぱいになりたい。

 

その当日だけでも多くのお金が消えることはもちろん、それを準備する見えない出費、見栄、嫌われたくない心理。カッコイイ車、カッコイイ服装、カッコイイ髪型、いい匂いのシャンプー買、遊びに行くプランを立てる。

 

そこに費やす多くの時間も見逃せない。

 

 

今の楽しい事だけやるか、未来をとるか?

 

 

f:id:nnbnn:20160821120301p:plain

つい最近NHKのニュース番組で「子どもの貧困」について取り上げられていた。

 

厚生労働省の発表では6人に1人の子どもが貧困状態にあるとされる。

その為に進学断念するというものでした。

 

厚生労働省によりますと、貧困状態にある18歳未満の子どもの割合を示した「子どもの貧困率」は、平成24年時点の推計で子ども6人に1人の割合に上り、調査をはじめた昭和60年以降、最悪となっています。

子どもの貧困 学生たちみずからが現状訴える | NHKニュース

 

貧乏人の家庭に生まれることで、その子供もまた貧困の連鎖につながるわけです。

まぎれまなく「格差社会」である日本で、負の連鎖をどこかで断ち切らねばならない。

 

では、一生貧乏な人とお金に余裕のある人の違いは何なのだろうか?

 

金銭感覚をつけろ!

f:id:nnbnn:20160821125703p:plain

 

進路を選ぶ3年生の夏を迎えたうららさん。絵が好きで、アニメのキャラクターデザインの仕事に就きたいと、専門学校への進学を希望していましたが、入学金の50万円を工面することが難しく、進学は諦めました。

子どもの貧困 学生たちみずからが現状訴える | NHKニュース

 さて、これはニュースに流れた動画の一部を切り取っていますが、気になるのは貧困状態にしては物に溢れていること。

 

これは悪いと言っているわけではなく、お金を何に使っているのかがよくわかるのではないでしょうか?

今ある欲しいモノを買うのではなく、それを我慢し将来の為に貯金をするという精神面での教育や価値観、そして金銭感覚を学ぶことが大事。

 

それは学校では決して教えないばかりか、資本主義社会においてお金を使わすことで利益を生み給料という形で分配されるので、当然政府もタブー領域と言えるわけです。

 

教えられるべき人は親しかいないわけです。しかし、親がお金の使い方や増やし方を知らなけらば当然子供が知るわけもなく、その連鎖が続いてしまうというわけです。

 

人間関係の断捨離

断捨離と言えば「不要なモノを買わない、不要なモノを捨てる、モノからの執着から離れる」そのことで、家の中がスッキリし快適に生活するというもの。

 

過去10回近く引っ越しの経験から思うことは、生活するうえで必要なモノはほとんどなくても生きれること。いやむしろ物がない方が掃除がしやすく時間の節約になることに気が付いた。

 

さて、人間関係をモノと同様に扱うのは反対っていう人もいるでしょう、また人間関係をお金で簡単に買えないという人もいるかもしれません。

 

しかし、引っ越しを繰り返すと人間関係も自然と断捨離され疎遠になるわけで、その時感じたのが一番お金を使うのはこの部分じゃないかと思うわけです。

 

人間関係を大事にしたいばかりに、その場の空気を読んだり、いろいろな人の誘いが断りづらかったり、のけ者にされたくない、嫌われたくないという思いや見栄がお金を使わせる。

 

その為にお金や時間が奪われてゆく。

 

 未来を変えるために

資本主義社会において、何が勝ち組なのかそうでないのかという答えは、資本を持っているかどうかであり、その資本でお金を増やしてゆけるかどうかがポイント。

 

物や土地を大量に持っていても、そこから1円も生み出さないのであるならばそれは負債でしかない。

 

それは人間関係も同じで、1円もお金が生み出されないのであるならば負債の関係でしかないのだ。

 

f:id:nnbnn:20151203081514p:plain

未来を変える為には、お金を減らすものをスパッと断ち切り、お金を生んでくれるモノやことに時間をつぎ込むしかない。

 

ならば、どうするべきか?

 

 

お金でお金を増やすこと

現在においてお金の増やし方は、働いて収入を得るやり方が大半である。

時間を切り売りして収入を得る、その中から貯金をし、わずかながらの金利を受け取る。

 

それは悪いことではないが、人生を変えたいのであるならば、お金でお金を増やす方法を考えなければならない、お金持ちはなぜお金持ちなのか?

その答えは、不動産による収入や株などの投資をやっていることで、給料とは別に毎年何百万もの配当や家賃収入があったりする。

 

お金持ちはそのお金をまた株や不動産に回し収入をどんどん増やしてゆく。

 

逆に貧乏人はローンの金利を払い、買わなくてもいい不要な物を買い、本能のままに美味しいモノを食べ、可愛いと言えば猫や犬を飼い、思い出や自分のご褒美とばかりに旅行に出かける。

 

数千万~数億の資産がありそこから収入を得て資金管理がしっかり行われているのならば好きにすればいい、いやそれができてから、欲望のまま欲しいモノを手に入れるのが先。

 

負の連鎖を断ち切るのであるならば、まず1千万円を貯めて大手銀行の高配当株から毎年30万円の配当を手にしてからの方がいい。

 

貧困層にとってその1千万円は毎年30万円を生み出すうちでの小槌であり。人生を変える大きな転機になるはず。

 

それまでは、物も人間関係も断捨離すると決断する覚悟が必要だし、貧困の連鎖を打ち破るには何かを捨てなければならない。

 

まとめ

さて、以前は本能のままに金を使いまくっていたが、このままでは人生何も変わらないと思い、思い切って断捨離をした。

まずやったことは車を手放し自転車や歩きにした。

次が友達との付き合いをしなくなった。

 

貯金から株投資へ

趣味もパチンコからFXにし家から半径1キロ以内の移動を極力抑える。

 

まず、1日生きることに必要なお金を計算しその範囲で生活。

コンビニでの買い物は年に2~3回でスーパーマーケットが中心。

 

余剰が出た分のお金は生活費をのこして、3分の1は貯金、3分の1は株、3分の1はFXに分けてリスク分散。

 

株はニーサで運用目的は配当。しかし時期が悪くかなりの含み損だ!

FXはスワップ金利目的でランド円とドル円を買っているが、これも時期が悪く含み損!

 

トータルで数百万の含み損でかなり凹んでいる。

まぁこれも勉強代だと思い諦め長い目で見ている。

 

株とFXを初めて1年~2年が経つが人生一向に光が言えて来ない。

人生を変えたい自分にとって、次の段階に行くことにした。

 

その方法はデイトレだ。

5月の連休からデイトレをはじめて約3ヶ月以上が経った。

今現在は高値でロングを入れたまま塩漬け状態というありさま。

それでも毎日やっていることはチャートを眺めている事しかも1日中。

もしかしたら自分に向いているかもしれない。